2015年6月4日の相場解説「ドル円は激しい攻防も上昇」「ドル円のエントリー根拠とメンタル解説」

こんばんは。

学生投資家のオシショウです。

今日は久々に指値注文が入りまして、ポジションをもつことができました。

最近ヤフオクで商品が売れすぎて、波が来てるかもしれません。

えっと本題に入ります。

ドル円は一時123.7を試すも124.4まで上昇

今日は久しぶりにエントリーしました。

今週初エントリーかな。

2015年6月4日 ドル円

124.1に指値買い注文、今日こそ入れーと祈っていました

最近指値入れてもギリギリ引っかからないことが多いので、今日は祈ってみました。

午前中に124.2くらいをウロウロしていたので

124.1で指値買いを入れておいたら見事刺さりました。

その後、トレンドラインにそって綺麗に上昇し15ppくらい乗ったところでどばーっと下落

焦りましたね。

多分こういうこともあると思って逆指値(損切り)を深めに入れておいたので良かったです。(-60pips)

その後はじわ上げを続け、結局今では30pp乗ってます。

鉄板でエントリーするも下落した時

鉄板、手堅い相場、パターン通りって感じで指値エントリー入れてたんで逆行した際に損切りをしてしまおうか迷いました

正直、最近ポジションを持っていなかったので久々の持ち株に心が浮いてしまったんでしょうね。

投資を始めたての頃を思い出しました。

すぐに損切りを入れるから負けるんですよね。

自分がエントリーした根拠が崩れるまで自信を持っておくことが大切ですね。

それに損切りの逆指値も入れているわけですから損失は有限です。

メンタルを揺さぶられたのは久しぶりで、今日はトレードしながら緊張感のある研究室生活でした。

相場の動きを1時間足で確認

それでは、どんな感じだったか確認してみましょう。

2015年6月4日 ドル円2記事を更新しながら現在の価格が少しずつ上昇しちゃってますが気にしないでください。

124.1、いい読みだと思いませんか?

当然あてずっぽじゃなくてこのあたりだろうってのと

最近エントリーできてなかったから浅めにしとこっていう

意図のあるエントリーなんですがね。

指値で買いに入った直後、大きく123.7まで下げていることが分かります。

ここで動揺してしまうわけですね。

しかしこれもしっかりレジが効いて反発。

ここ抜けたら損切ろうかと思っていました。

ぶっちゃけトレンドラインもガン割してますから。

ですが、やはり最初に思い描いたとおりに上昇していきました。

この数時間の出来事は、リアルタイムで監視していた当事者にとっては重たい出来事ですが、

4時間足などのチャートにしてしまえば、ただのダマシだった。ということになるんです。

 

 

今日は久々のトレードで動揺してしまいました。

みなさんはどんな日をすごされましたか。

それではまた明日!

 

 

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。