2015年6月9日の相場分析「ドル円はトレンドライン割り込み、サポートラインでの攻防に注目」「ユーロ円は逆三尊になって下落パターンか」

こんばんは。

学生投資家のオシショウです。

Twitter始めたのでよろしくお願いします!

@fxoshishou

昨晩は研究室に泊まり込みでこちらの更新ができませんでした笑

先週大きなトレンドの出てきていたドル円とユーロ円に注目していきましょう。

ドル円はゴリゴリ低迷

ドル円はトレンドラインを大きく割り込んできています。

先週の記事と比較して見ましょう。

ちなみに私は先週のポジは150ppくらいで決済しました。

ざーす。

2015年6月9日 ドル円

 

直近のサポート123.76でどう動くか

ご覧のように、トレンドラインを二つともざっくり割り込んでいます。

そこで、これからの狙いとしては、直近の赤いラインであるサポートライン(123.76円)でサポートされて反発して上昇していくのか

それともそのまま大きく割り込んでいくのかが注目していくポイントになります。

日経平均が2万を割り込んだみたいで、124~123円台にまた冷え込んできそうですね。

やはりFXはエグジット(決済)が難しい

先週木曜日の指値が180ppほどにまで育って、その後150ppまで落ちてから決済したわけですが

やはり決済のタイミングが一番難しいです。

エントリーはコツをつかめばだいたいわかってくるのですが

決済の正しいタイミングってなかなかつかめないですね。

 

やりながら自分なりのルールを見つけてみてください

 

ユーロ円は逆三尊形成?サポートの138.84でどうなるか

ユーロ円は下落した直後で、逆三尊を形成しています。

2015年6月9日 ユーロ円

138.8付近をネックとして逆三尊になるかがポイント

この形が逆三尊のパターンだとすると、上昇から下落していくパターンになります。

従って、逆三尊を形成したままネックライン(138.8円)を割っていくと

下落パターンだと考えられます。

とりあえずエントリーしたければ、ネック付近で打診買い

今の価格帯に差し掛かる前、

ユーロ円は実戦で大きくレジスタンスを抜けて

3回バウンドしています。

そのどれもが結構大きく値動きを見せています。

従ってネック付近で打診買いすれば利益とれることも

なくもないと思います。

 

 

 

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。