2015年6月20日の相場解説「FOMC後のドル円は下値を試すか」「ポンドドルは美しいトレンドライン」

こんばんは。

学生投資家のオシショウです。

FOMCを終えたドル円を中心に紐解いていきましょう。

ドル円は下値を試す展開へ

FOMC前後でのドル円の挙動を見ていきます。

2015年6月20日 ドル円

 

FOMC前の展開

先日述べたとおり、FOMC前には三角保ち合いを形成していました。

三角持ち合い後は抜けた方に大きく動くのはもうみなさん勉強済みですよね。

その通り、しっかりと123.8をブレイクし、一旦そこをサポートにして跳ね上がり124.4くらいまで上がりました。

FOMC後の展開

しかしその後FOMCを受けて123.1まで下落

一旦反発するも本日122円台で推移しています。

122.43のサポートラインをどう過ごすかが焦点になっていきます。

今後のシナリオ

今後のシナリオは、122.43でサポートされてもう一度上値を目指していく

もしくは勢いをつけて122.43を割り始めたら大きく下落していくことでしょう。

ポンドルはきれいなトレンドラインを形成しています

トレンドラインタッチ時に注目していきましょう。

2015年6月20日 ポンドル

 

トレンドラインを辿る

赤い上昇トレンドラインを見ていくと、4点で綺麗にトレンドラインを形成しています。

次にタッチするのはそう遠くない未来だと思いますが

そこでどう動くかを見ておきましょう。

また、1.585が元レジスタンスなのでサポートとして機能していくことを意識しながら押し目買いを狙うスタンスです。

 

あと4時間で相場終わりですが、朝までトレードする方は頑張ってください。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。