コンフォートストラップは全ベーシストが使うべき

部活、サークル、趣味、仕事でベースを弾いている方の悩みって

多分ベースの重さ故の肩こりだと思います。

そしてその重さ故のヘッド落ちに悩まされる方も多いでしょう。

 

私は普段の生活では肩こりは殆どありませんが

重たい荷物を背負うことですぐに肩こりになる体質です。

そのため、いつもベースの重さに悩まれていました。

 

解決策はストラップだった

それを解決してくれたのが

コンフォートストラップ(L)です。

2013年から使っているので、もう3年以上使っていることになりますね。

このふぉおおおおおと

 

良いストラップを変えれば全てが変わる

ストラップはデザインで選んでいる方が多いかもしれません。

もしくは、消耗品と割り切って安いものを使っている人もいます。

実際、初心者の頃はベース本体にかけるお金はあっても

ストラップに何千円も出せないよ!と思っていました。

 

安いのは1000円しないですし

初心者セットにはついてきますからね。

 

しかし、一度使ってみるとこの快適さにはかないません。

安ストラップを何度も買い換えるより

一度いいものを使うと満足できますよ。

結果としてコスパが良いと思います!

肩が痛くない

ベーシストあるあるネタです。

実は、私は背負うことで痛くなることはあっても

練習やステージで痛くなることは殆どありませんでした。

5弦の5kg以上あるベースを使っていたときですら

1時間程度ならなんとかなっていましたね。

ヘッド落ちしない

私はあまり好まないのですが

変形ベースなどではヘッド落ち

(演奏中にヘッド側が下に傾いてしまうこと)

多々あるようです。

コチラの動画ではSGギターでヘッド落ちしてます。

 

通常、ストラップで体とベースを固定するのですが

変形ベースだとボディとヘッドのバランスが悪く

いまいちなストラップだとズルっと落ちるんです。

 

そんな悩みは、コンフォートストラップが解決してくれます。

生地が分厚く、体をシッカリホールドするからです。

その分、イングウェイのような

体の周りを回すプレイはやりにくくなります笑

 

演奏しやすくなる

コンフォートストラップのショートは

その長さが結構短めのものですが、

手首が楽です。更にひじの位置も楽になるため

細かい左手の動きがやりやすくなりました。

 

ストラップって安物だと結構長めにしか設定できないことが多いですが

こちらはもともとの長さが短いものになります。

気をつけてほしいのが、Lでも結構短く感じると思います。

厚着や体格によっては苦しいかもしれません。

 

ちなみにfenderのストラップは長さの調節の幅が広いです。

チョーダラダラからコンフォートストラップのショートほどじゃないですが

そこそこ短くなります。

色々な長さを試してみたい人にはおすすめ

 

コンフォートストラップは

ファンクベーシスト並の高さにベースがくるため

9mmやV系のようなダラダラな位置で弾くことに

憧れている人は納得出来ないかもしれませんが

操作性が抜群に上がります。

 

ちなみに、もう少し長いモデルも存在しています。

 

デメリットは蒸れる

夏場の炎天下での野外ステージはかなりきついかもしれません。

ストラップが分厚くクッション性が高いのですが

その分蒸れ具合も尋常じゃありません。

こればかりは解決法はありません。

 

ステージ演奏でも、照明の真下の立ち位置だとシャツに汗の跡が残ります笑

ここは、3つのメリットとの相談ですね。

 

まとめ

操作性やヘッド落ちにイライラすることがあれば

ぜひストラップを見直してみてください!

 

実は初めて楽器についての記事を書きます。

小学生の頃から無類の音楽好きなので

ちょっとうれしいですね笑

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。