大学院で1種奨学金を実際に借りてみたので審査基準とその実態について

2016年現在、奨学金取得いたしました。

第一種になります。何か質問などございましたら、ご連絡ください。

具体的には、2015年後期から奨学金の取得に成功し、

前期分を一括で後期の始めにいただくこともできました。

学費に充てることができたため助かっております。

 

今日は院生らしい?話題になります。

奨学金の謎について書いていきます。

謎、というと大げさですが結論から申し上げますと奨学金に落ちました笑

syougakukin

今日はそのことについて、申請した自分が思うことについて書いていきます。

大学学部と大学院の奨学金の審査基準の違い

ここで、大学学部と大学院それぞれの奨学金の審査基準の違いについて書いていきます。

私は育英会のものではないため、細かい規準については割愛しますし

こちらの情報を元に何か行動を起こしても、一切責任は取りません。ご容赦下さい。

悪魔で自分が申請し、落ちた経験を通して考えたことを書くだけです。

ちなみに私は学部時代は奨学金の申請はしたことありませんでした。

2つの1番の違いは親の扶養が外れる扱いになること

大学学部時代は、奨学金申請時に親御さんの年収が関わってきます。

そのため、親の収入が高いと問答無用で弾かれてしまうようです。

それに比べて、大学院における奨学金申請では

親の扶養から外れる扱いになるため

収入に関しては自分とその配偶者の収入のみを考慮することになります。

従って、親の収入の高さには依存しないようです。

 

申請した理由

学部時代は申請していたのになぜ大学院から奨学金を申請し始めたか書いてみます。

大学院は忙しい

一番の理由は大学院生活の忙しさになります。

これは大学院進学したことが無かったり、理系のB4で院生の忙しさを目の当たりにすることが無ければ

全く知らない世界だと思います。

また、専攻はもちろん、もっと言えば所属している研究室によりますが、

ハッキリいって大学院生は忙しいです。

 

過ごしてきた大学学部の四年間と比較して、

大学一年の授業レベルもヌルくてワクワク感のある頃

大学四年の授業も殆ど無く院試や就活などで大学に行かなくていい時間の多い頃の方が暇でした。

暇、というか自由に使える時間があるって感じです。

 

しかし、いざ大学院に進学してみると

週2のハードな専門ゼミ、週2,3のレポート課題、それと並行した研究、論文購読などめちゃめちゃハードです。

そのきつさから5月には泊まりがけで作業をしたこともあります。

従って時間を切り売りするバイトなどはせず、大学院生活を過ごすにあたって学費及び学校でかかる費用は奨学金枠から捻出したいという思いがあったからです。

親に負担を掛けたくないので学費も自分で出したいという気持ちがありました。

同じ研究室の友人は仕方なく平日夜中に夜勤入れて、そのまま次の日の授業に向かっています。死んでいます。

 

お前にはFXがあるじゃん?

私の場合はFXがあるんですが、最近エントリーできていないと記事内でよく触れている通り

月間取引通貨数も50分の1くらいになりました。

毎日チャートは見て相場観は失わないようにしてますが、

いいタイミングで指値入れることができなかったり

指値にかからなかったりって感じです。

もう少し余裕を持った指値にすればいいんですがどうもチキンなので。

あと納得の行くエントリーが必要ですから。

相場も1日3回は見たい。

ちなみにFXの利益ではギリギリ引っかかっていません。

1月から12月分で申請するのですが、そんなにデカイ利益ではなかったです。

 

ただ、稼ぐ手段があるのにあえて借金をするなら無利子に拘ろうと1種のみ申請しました。

 

奨学金申請が通った周りの友人例

実際に奨学金申請が通った周りの友人を見て、自分の状況との違いで気づいたことを書いてみます。

受かった友人を箇条書きで特徴をリスト化してみます。

多少ぼかしてます。

友人A:奨学金1種

学部時代GPA3.0

TOEIC500未満

卒論評価△

両親離婚

親収入~400万

実家から出て一人暮らし

バイトたまに

友人B:奨学金1種+2種

学部時代GPA2.2

TOEIC500未満

卒論評価不明

親収入~1000万

一人暮らし

バイトなし

他にも調査をしてみたら

なんと、共通点はみんな一人暮らしでした。

院試結果やTOEIC,TOFEL(出願時院側に提出しないといけない)は私のほうが上なので成績類はあまり関係なさそうですね。

実家通いとは言え、うちも減らすことのできない支出が大きく全然豊かじゃないんですよ。

 

本当に経済的に苦しすぎる人を優先するのは当たり前ですが、

そんなに苦しくもない人に貸与するなら、成績順に選ばんかい!ってのが私の意見です。

何か気に食わないですね。

 

これでまた稼がなきゃいけない理由が増えました。

頑張っていきましょう。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。