社会人になって副業の確定申告したらマジで大変だった話

会社に属しながら副業に取り組んでいる人は確定申告しましたか?
一昨年は仮想通貨が流行ったので、確定申告の認識なく
トレードしていてやり忘れてる人が多いかなと思うけど
2018年3月に確定申告して大変だったことをまとめていきますね。

経費を明確に意識してビジネスすること

経費で落とすのって結構大変なイメージありませんか?
実は税務署に持っていく段階では精査されないので特に困ることはありません。
1000万稼いだけど経費は800万だったって書類上では簡単に示せます。
提出するときに実際に職員の方から「本当にそうなの?」って疑われることはないです。

しかし、確定申告を提出し納税した後役所から電話きたり手紙届いたりするわけです。
その際に何にいくら使ったのかという明細がないと証明できないわけです。
例えば、セミナーに行くための交通費だって経費なんですけどその時の領収書とか捨ててませんか?笑
もしあなたがこの日本で本気で稼いでガッツリ経費とかで落としていくなら全部保存しておきましょう。

即興でエクセルでエビデンスを作成しても大丈夫

とはいえ、私はそんなことしていませんでした笑
急ごしらえで2日間かけていろいろデータをかき集めたので非常に大変でした。

正直、私の場合は会社員であり個人事業主ではないので
すべての経費を躍起になって精算することはありませんでした。
そのため、明らかに入社前の1~3月にかかった経費であるものかつ高額なものだけを清算しました。
思い出しながらエクセルに題目と金額と用途を書いてA41枚にまとめて印刷しました。
また、そのレシートに相当するもの(契約メールや入金完了画面など)をすべて印刷し税務署に提出しました。
これだけで大丈夫でした。

簡単そうに記述しましたが、膨大なメールを振り返ったり
Amazonの購入履歴をスクロールしまくったりと結構大変でした。
1年目に何買ったかなんて、なかなか覚えてないですよね。
特に、毎回ECサイトを固定せず最安の場所で商品を購入してる私みたいな方はどのサイトで買ったか思い出せないと思います。

どんな経費を申請したのか

具体的には、会社に入る前に取り組んでいた与沢翼先生のGWBSを経費で落としました。
あとは、インターネット代、ディスプレイ代です。
結果、全部認められて納税額は最小限になったと記憶しています。

余談ですが与沢先生のGWBSは素晴らしいものでした。
私が買った最も高額な商材です。確か35万くらいかな。
自分のトレードが間違っていないことを確信できた商材でもありました。
ただ、思考の深さ、決意の違いなど大きく自分の力量不足を思い知らされました
そこそこ自信があったんですがちょっとトレードが嫌になりましたね。

海外のトレードは損益通算できない

実際に確定申告してみるとわかりますが「分かっちゃいたけどまじかよ」って感じですね。
国内のFXは3年間損益通算できるんですが、海外FXは1年毎に利益に課税されます。
大損こいた翌年にボロ儲けしてもガッツリ税金取られます。

まとめ

改めて確定申告してみると大変だったなと思います。
予め、経費申請する予定の事項については整理しておいて
そのエビデンスも印刷して保管しておくといいと思います。

そもそも、それができなきゃ個人事業主できないですよね。
学生時代は社会人じゃなく雑所得が何個かあったのでfreee使って会計していました。
経費カード作って、freeeで一括管理していれば便利なんですけど
エビデンスの保管は必要になりますので要注意。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。