FXと麻雀は似ている!

こんにちは。

今回は、FXってどういったものか、抽象的に説明していこうと思います。

FXは、大きく分けると「ギャンブル」の要素とそうでない「理論」の要素があります。
私は麻雀を遊び若しくは大衆ギャンブルとして捉えています。

実は、この2つは似ているのではないかと思って記事にまとめてみることにしました。

おそらくFXよりも皆さんにとって親しみやすい麻雀についてまず述べたいと思います。
私は今年度の始めくらいに麻雀を始めたばかりですが、最初は14枚揃えばいいということと平和と断么九とロンとチーとポンのみを教えてもらい仲間に混ぜてもらっていました。
雀頭と3つずつの塊が4つあれば和了れるということさえわかっていれば、勝ち負けは別として一応ゲームには参加できますよね。
FXは、口座開設と資金と1クリックすることで相場に参加ができます。もちろん、勝ち負けは別です。

次に、麻雀の場合は細かい役を覚えたり、捨て牌をよんだり、牌効率を考えたりすることでどんどん強くなっていきます。
しかし、初手の具合や相手の引きなど運と呼ばれる要素も少なからずあると思います。例えば初手で即リーされたらまあ読めませんからね。
同様にFXの場合もダウ理論などの考え方を学び、移動平均線や一目均衡表と言ったテクニカルの知識をつけてデモ口座などで実践していくことで理屈でトレードすることができるようになります。
しかし、戦争や介入や要人発言で相場が荒れることもあり、それは麻雀でいうところの運に近いと思います。

ただ、麻雀もFXもただの運要素のみで構成されているかというとそうではありません。
正しい知識をつけ、実際にトレードして経験を詰み反省して次に活かしていくことで勝率(若しくは利益)は上がります。

このように「他人から見ればただのギャンブルに見えるが実は運だけでは決まらない」というところが若干似ている気がします。

麻雀で飛ばすお金があったら、そのお金でFXに参加してみてください。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。