2015年3月6日の相場 「ユーロ下落開始」「相場に張り付く時間を減らす」

ユーロボックス下限の指値エントリーしていたんですが、今家帰ってきたら80pp乗ってました。

我ながらいい読みですね。

今回はそれについて解説していきます。

ユーロボックス抜けて下落、エントリーとエグジット解説

投資にかける時間を減らしたい

最近、投資について考え方が変わってきたと先日お伝えしましたが、

我々は相場がしたいわけではなくて、相場を使ってお金を稼ぎたいわけです。

従って、相場に張り付きたいわけではなく、相場を見る時間をいかに減らすかということも大切になっていくわけです。

そこで、今日のように指値注文などを利用して予め入れておくのがいいでしょう。

もちろん逆差しで損切りは入れること前提です。

私は次のようにしてエントリーを決めました。

2015年3月6日 ユーロ円

上の図を御覧ください。

お昼に家を出たんですが、その前にユーロ相場を見てボックスを形成していることに気づきました。

また昨日の指標をうけても戻すほど売り圧力が強いことも確認できています。

そのため、ボックスを下にブレイクすると目論見、ボックス下限より少し下で指値注文しておきました。

その際に逆指値をさしているので安心して遊びに行くことができるわけです。

家に帰って相場を確認するとちょうど下がっていて乱高下の途中だったので利確しました。

非常に気持ちいい取引ですね。

相場を見た時間は出かける前の3分と利確タイミングを見計らってパソコンを見ていた5分です。

8分で80ppでした。あざーす。

こんなかんじで楽に取引する方法を目指しましょう。

乱高下しているとまた上に伸びることも考えられるため、スイングをやめて利確しました。

ちなみに150ppくらいのっていると、トレールしてスイングを開始するんですが、今回は今月二回目のトレードということで無難に勝利しておきました。

年度末イベントで多く出費ありますし利益を出すことは大切ですから。

 

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。