西武百貨店でワイシャツをオーダーしてみたらすごく良かった話

サラリーマンのみなさんはワイシャツを毎日来ている人が多いと思います。
私もその1人で、月曜から金曜までワイシャツを着ています。
しかし、既製品は非常にサイズ感がダサいことが多いです。
腕周りがダボついていたり、ウエスト付近が異様に余っていたり。

そういったストレスを受けながら仕事をしていると
身が入らないしエネルギーが下がりますよね。
気に入らない服を着ながら長時間過ごすと
自分の中のやる気・活力が下がっていくのは分かっていただけると思います。

結論から伝えるとオーダーシャツは満足度がかなり高い

既製品で満足できている人がいるかは分かりませんが
「既製品で満足しています!」という人以外は絶対に試してみるべきです。
特にサラリーマンの方!今の日本ではサラリーマンにとって
スーツのオーダーは割りと一般的なのに、ワイシャツはオーダーしないのはちょっと変わってますよね。

百貨店の店員さんは接客がすごく上品

最近、仕事でもお客さまと接客する機会が多いため、百貨店の店員さんの私への対応の心地良さに気づきました。
流石百貨店といったところでしょうか。学生時代には行くことがなかったため、良い経験ができました。
良きサービスを受けると良いエネルギーをもらえます。
一流のサービス、というのも今までは受けたことがあまり分かりませんが
提供する商品や自分の接客に自信を持っている方に接客して頂くのは心地良いですよね。

早速オーダーしてみた

オーダーの流れとしては、
①生地の確定、②身体の各部サイズ計測、③デザイン選択、その後④お支払いの全4行程です。

オーダー生地を見てみました

実は夏のセールで生地が半額ちかい値段に落ちていました。
そのために、普段15000円する生地も7000円で買えたりという価格破壊が起きていました。
たまに掘り出し物で普段4万の生地もありました。コスパの神がよだれを垂らしていましたよ。
まあなんだかんだいって正直、生地の良し悪しはわかりません

そもそも、服という形になっていない生地だけを見ている状態では
初心者にとってはわけがわからないです。
なんかサラサラしている!とかつるつるしている!くらいです。
さらに言えば産地の違いはハッキリ言って素人にはわかりません

もう正直に、初めてのオーダーでわかりませんのでオススメの生地はありますかと伺いました。
百貨店の店員はエリートなのでしっかりと選んでくれます。
何故いいのか、などの理由を聞いてみてください。
あとはデザインですね。織り込み方がそれぞれ違うので生地の見た目に反映されています。
その違いくらいは素人でもわかります。

腕の長さが違う人は絶対オーダーした方がいい

次に、身体のサイズを測ります。
私の場合は小柄なのに肩幅と胸囲がちょっと多めなので
「スポーツしてるんですか」と毎回聞かれます。
本当は笑顔で「ジムに通っています」と言いたいところですがベンチ100kgくらい上げないと恐れ多くて言えませんねー笑

私は柔道をしていたので腕の長さが左右で違うんですよね。
そういった細かい調整も効かせてくれるのがオーダーの良さですよね。
また、時計を常に出すスタイルなのかどうかで袖の長さを選ぶことができます。
袖口を細めにするのか太めにするのかは好みなのでうれしいですね。
ちなみに私はタイトめが好きです。

自分の腕の長さの話や、袖口のタイトさなんていうものは洋服の青山で既製品を買っていたときには気付きませんでした

そもそも気にしたことがありませんでした。
このように身体のサイズを測って、店員さんと折衝することで自分の好みに気付くこともたくさんありますよ。
オーダーならではの経験だと思います。

サイズを測った後のオーダーはこのカウンターで店員さんと話を聞きながら行います。
カフスを選んだり、襟の形を選んだり、ボタンを決めたりしていきます。

今回は初めてのオーダーだったので無難なデザインで選んでみました。
3着選んで値段は25000円ほどでした。
半額レベルのセールでこの値段なので普段だとかなり高いです。
でも普段4万する生地が7800円で買えたので非常にお値打ちでした。
冬のセールでも顔をだすかもしれません。

PSFAの既製品との比較をしてみた

せっかくなのでワイシャツの比較をしてみました。
白いシャツがパーフェクトスーツファクトリーのMサイズです。
青いシャツが西武でオーダーしたものです。

ウエスト周りがすこしぶかぶかな印象です。
体全体で見てもオーバーサイズな感じがしますよね。

袖の腕周りがちょっと余っていてブカブカな印象を与えます。
太ましいおじさんとかも使えるような大衆向けデザインであることを考えたらそれはそうですよね。
汎用性高いサイズ感になってしまいます。

オーダー品を見てみましょう

ボタンダウンの青を見てみます。
首元にイニシャルが入っています。
これは選べますので嫌な人はなしでもいいでしょう。
オプション料金はなしです。

開封して吊るしてみるとこんな感じです。
ウエストあたりがタイトめなことがわかるでしょうか。
私の場合、既製品のタイトモデルのSだと胸周りがキツイのですがウエストはちょうどよい
Mだと胸周りはちょうどいいけどウエストはすこしぶかぶかという経験があります。
同じ悩みを抱えている人は多いと思います。

着てみるとこんな感じです。
写真からはよくわからないかもしれませんが動きにくいほどのタイトさはなく本当にぴったりという感じでした。
このピッタリさがオーダーメイドの魅力ですよね!

まとめ

オーダーワイシャツは1枚あたり7500円なら断然買いです。
今はインターネットでオーダーできるシャツも多いですが
初めてのオーダーなら実際にお店で測ってもらうのをおすすめします。
しかも1枚7500円のこのセール、インターネットよりも安いですよ。

B館6階地図の右下のオーダーシャツコーナーです!
是非どうぞ!

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。