FXの塩漬け麻痺とナンピンによるロスカットの恐ろしい動画

ナンピンの危険性は多くの場所で指摘されています。

FXや株を始めようという人も

情報を調べるためにインターネットで調べて

一応、頭の中に入っているはずです。

 

しかし、実際にトレードをしてみると

相場の狂気に飲まれ、ナンピンをしてしまうのです。

かくいう私もナンピンをしてしまい数十万ふっ飛ばしました。

その後数十万取り戻すのは運良くすぐだったのですが冷や汗がでました。

 

今日はその、ナンピンの恐ろしさをお伝えしようと思います。

塩漬け、ロスカットについても学んでいきましょう。

損切りの大切さ

損切りとは、損失がのった際に決済することです。

つまり、”負け”を受けれいるということです。

初心者の場合は、これが非常に難しくなります。

”損失”を受け入れられないわけです。

含み損の闇

実は、ロスカットされず決済しない限りは

あなたの口座のお金は減りません。

(事実上減っていますが、決済しないかぎり減ってはいない)

 

多くの初心者は、損切りの設定を注文時に入れません。

その上に、自分で損切りをすることもできないので

証拠金を下回った時のロスカットでの

強制決済待ちで震えているわけです。

ロスカットとは

あなたの資金力だとそれ以上取引させることはできません

という証券会社の取引制限による損切りと考えてください。

この動画で、ロスカットされる人間の声が聞けます。

FXは恐ろしいですよ。

楽に稼げるとは思わないでください。

塩漬け

塩漬けとは、どんなに含み損が膨らんでも決済せずに持ち続けることです。

先程申し上げたように、資金に余裕がある限り

決済しないかぎり損失になりません。

そのため、多くの人が塩漬けにして目を瞑るのです。

 

初心者がトレードを学ぶのであれば、塩漬けしてポジションをムダにするのではなく

すぐに損切りして新しいポジションを持つほうが大切です。

(勉強してからね)

精神的にも不安定になりますし、一度切り替えて損切りしてしまうのをおすすめします。

トレード機会の損失、時間の無駄です。

 

株だと塩漬けはまあままあるそうですが、FXの場合はそうはいきません。

スワップ目的のトレードだとしても初心者にはお勧めできません。

スワップ金利についてはこちらの記事を御覧ください。

5分でわかる、FXのスワップ金利の仕組み

 

ナンピンとは

ナンピンとは追加で同じ方向にポジションを持つことと思ってください。

例えば、今ドル円が100円なので1万通貨買いました。

 

するとドル円が90円に急落。

ー10万円の損になったが、

また95円くらいには上がってくるだろうと

追加で90円の時に1万通貨購入。

 

すると、現在は

100円で1万通貨

90円で1万通貨なので

95円で2万通貨ホールドしていることと同義になります。

 

そのため、もし96円まで戻した時に売れば

2万通貨なので2万円の利益になります。

テクニカル分析などの結果、根拠のあるトレードなら

自己責任なので何もいうことはないのですが

 

初心者が、「なんとなく上がるだろう」と

闇雲にナンピンするのは非常に危険になります。

動画で学ぶロスカット

こちらは、ある投資家が雇用統計という

ボラの大きい指標発表時にユーロをショートで

ナンピンしまくる動画になります。

恐ろしいです。

損切りして救われた例

こんな動画もありました。

ロングでポジションを持っていましたが

どんどん下がり始め、損切りした直後に

もっと暴落しました。

危なかったですね。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。