初めてのネット集客のためのTwitterを凍結・ロックされない方法

最近、新しい分野に手を出していまして

リストマーケティングを学んでいます。

集客としてTwitterを使うのですが、

正直Twitterによる集客をしたことがない私としては

「本当にTwitterで人が集まって来るのかよ」と懐疑的でした。

 

なんでこんな風に考えたかというと

私自身がプライベートでTwitterをかなりカジュアルにしか使っていないため

ユーザーが集まってくる実感が湧かなかったことと

いくつかブログを運営しているが、SNSの運用が下手で

効率的にSNSによる集客が行えた試しがなかったこと

挙げられます。

 

今のところツールなどは使っていませんが

TwitterからのLPへのアクセスが増えたため

本格的に運用を考えています。

しかし、それに向けてTwitterのルールを知らなければいけないため

まとめておきます。

Twitterの凍結とロック

Twitterの運営は健全な利用を推奨しているため、

botやスパムっぽい動きをすると凍結やロックをされてしまいます。

具体的にそれらがどういったものなのかを見ていきましょう。

凍結(永久BAN)

目安としては初期段階で1日に100人以上フォローすると永久凍結になりうると覚えておいてください。

凍結だけは回避しましょう。

1時的に人が来ればいい、という条件ならいいのですが継続して集客したいならNGです。

ロックとその解除

また、40~50人連続でフォローするとフォロワー数が少ない新規アカウントではロックにかかります。

ただし、電話番号を紐付けることでSMSで解除番号を送ってもらいロックの解除は簡単にできます。

複数アカウントを手動で管理していると面倒くさいので気をつけてください。

同じ電話番号が登録できるのは10アカウントまでだと思います。

手動フォローであってもロックされる

あるジャンルで集客をしているのですが

そのジャンルの人々を並べて一気にすべてフォローするという荒業をしていました。

すると40~50人目ですぐにロックがかかりました。

「手動なら安全」はウソです。

まずはフォロー数2000、その後は5000を目指す

10アカウントを運用して、フォロー数がそれぞれ1000いかないくらいになった時に

SNSからの流入が目に見えて増え始めました。

もちろん、ターゲットの絞り方などによって結果は変わってくると思いますが、

手動でもこのくらいの成果がでることを頭に入れておいてもらえればと思います。

フォロー数2000からは、フォローの可否にフォロワー数が影響する

フォロー数が2000超えてきてからはフォローできない現象が起きます。

2000人より先をフォローするには、フォロワー数の数が必要で

その式はフォロワー数×1.1=フォローできる人数と言われています。

 

しかし、そうでもないみたいです。

実際に私の持つ2つのアカウントの事例を見てみましょう。

1つ目はフォロー数2300フォロワー数680(まだフォローできる)

2つ目はフォロー数2012フォロワー数300(もうフォローできない)

このように、どう見ても上記の式が当てはまらない結果となっています。

 

ただし、フォロワー数300の方はもうフォローができないため

フォロワー数に依存しているのは間違いないです。

手動で作業していく場合、”相互フォロー支援”といったアカウントをフォローしたりする工夫が必要になりそうです。

まとめ

ツールを使わずともTwitterの集客は可能。

ロックは何でもないが、凍結だけは気をつけてください。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。