【投資報告】2020年4月は投資額 15万、配当金0

今月もDC、つみたてNISA、特定口座で15万円を積立ました。
今月は、毎月の高配当ETFに積立設定を下げてインデックス投信と現金に振り分けました。来月もその路線で行きます。

2020年4月 インデックス投信 11万

今月もインデックス投資をせっせと行いました。
楽天証券におけるつみたてNISAの設定を楽天VTIに全振りしました。
ひふみプラスの積立投資をTOPIXの積立投資に切り替えました。
理由としては、投資対象を見て1部上場株が6割以上を占めており、近年の選定銘柄に昔ほどの面白みを感じないためです。1%を超える信託報酬を冷静に見つめ直して積立と別れを告げました。

新規でS&P 500連動投信も少し積み立てることにしました。同じ米株対象の楽天VTIとの分散目的です。

あとはJ-REITインデックスを少し衝動買いました。(こういうのが良くない)

2020年4月 高配当ETF 4万円相当

SPYDとVYMを積立ました。
SPYDが累計100株になったらいったん止めることも考えています。
高配当派の気持ちを理解するにはキリもよく、必要十分と考えます。
20ドル代に単価を下げれるように書い続けるようにします。
先月お伝えしたとおり現預金比率を上げるべく、ETF投資は控えめです。

2020年4月 配当金 0円

4月配当銘柄を持っていないので0円です。高配当個別株ユーザーは毎月の配当額をバランス良くすることを重視しがちですが、高配当ETFのみのユーザーはそこは意識していないため配当なし月が結構あるはずです。

2020年4月 振り返り「株価を考えるな、ひたすら積み立てよう」

今月は政府から緊急事態宣言が出され、外出自粛が本格化しました。都内は特に人が少なかったと働きながら思いました。指標や決算の悪化が相次ぐ中、ダウも日経平均もなぜか緩やかに上っていく。相場はすべてを織り込んでおり、見通しが明るいのか。それとも楽観視されていただけで2番底が来るのか。

考えても無駄です。ひたすら積み立てましょう。

おまけ:J-REITは値動きの読みが甘く指値で買えず

底値でガッツリREITを拾うつもりでホテルREIT含めJ-REIT指値ダシていましたが、堅く見すぎていたため全く引っかからず。これを機に、個別銘柄は検討もやめることにします。買えても買えなくても面倒くさいことに気付きました。投資は趣味ではありません。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です