DELL XPS 13 プラチナ UHD+タッチ 9300を実際に使ってみたらやはり最高でした。

CPU本日は、デルアンバサダープログラムからXPS 9300のモニタをさせていただくことになったので、実際に使ってみたレビューをします。

もともとハイスペックノートPCに大学時代から憧れていましたが、XPS13は数年前からベゼルレスでハイスペックノートPCとして君臨しておりました。大学に持ち運べて、バッテリーもある程度もって、演算もできて・・プライベートで動画も見れて、、とスペックもりもりにすると20万を超えるためとても大学時代で手を出すことはできませんでした。そんな憧れのPCの最新モデルなのでとても嬉しいです。

お借りした XPS 9300のスペック

動画編集を行うには少し心もとないCPUですが、普段遣いなら文句のつけようがないハイスペックです。

CPUi7-1065G7 
メモリ16GB
SSD512GB
ビデオカードIris Plus
ディスプレイUHD+ 光沢(低反射)
本体サイズ

高さ14.8mm

幅296 mm

奥行き199mm

重量約1.3kg

購入価格は20万円台ですね。変動が大きく、セールを利用して手に入れたいものです。

 ちょっと重いが、スペックとかっこよさが男心をくすぐる

2週間ほどXPSを使ってみたので、かんたんにまとめてみます。

タリーズで使ってみた美しいベゼルレスのXPS

良かったところ

・筐体の薄さ。見てすぐわかる。
・ベゼルレス。かっこいい。サイズ感に寄与。
・キーボードは大きく使いやすい。個人的には以前使ったことのあるdell製ノートにあったpage upもなくて使いやすかった。
・タッチパッドが大きくてgood。キーボード操作の邪魔にもならない。

モニタ前には気になったが、使ってみて気にならなかったこと

・ポートの少なさ。USB-Aないのは抵抗があったが、2021年にもなると意外に困らなかった。

Type-Aはない・・・
3.5mm端子は助かる

オーバーだと思ったところ

・UHD+は明らかにオーバースペックだった。読めない。タッチパッドでの操作も辛い。

悪かったところ

・排熱が弱い。動画再生30分程度で筐体が熱くなる。
・電源ボタンをもう少し電源っぽくしてほしい。deleteかescと間違える。独立配置してほしかった。

慣れるまでdeleteかescと思ってしまう電源

まとめ

結論、スペック求めるユーザーでも満足の結果。解像度に反比例する形でバッテリー持ちは落ちるので、解像度を落としてCPUを上げてオーダーすればかなり使いやすくなると思います。メインマシンとして持ち歩くなら、USB-Aがないのは遠征・出張時は何が有るかわからないため、少し心もとないかも。

個人的には重量が増えることに目をつぶって、2in1という選択肢にも興味があります。仕事で使ったことがありますが、2in1は便利です。資料作成等もはかどります。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です