ダイエット、筋トレの食事制限の天敵!断れない飲み会前の準備

みなさんはボディメイクしてますか。

ボディメイクというとかっこつけすぎですが

要するにダイエットや筋トレを意識している人はそれに当てはまります。

私も最近、筋トレを復活させ始めました。

3ヶ月くらい間を開けていたんですが何故かベンチプレスの記録が上がってました笑

他にも特に厳しい食事制限を行っているわけではないですが

炭水化物の量を意識して減らしたり、夜は抜いたりを気づいた時にちょこちょこ行うようにはしています。

学生、社会人にとって避けられないイベントである飲み会

飲み会ってなかなか避けられないですよね。

ガチでぼっちな人ならまだしも、何らかのグループや団体に所属していると参加せざるを得ないことが多いです。

学生だと「お金がない」で結構通ることもありますが、社会人だとそうもいかないのでは?(JUST MY IMAGE!)

 

それ以外にも普通に女の子と遊びに行っても居酒屋やバーでお酒やそれに合う食べ物はつきものでしょう。

 

ダイエットや筋トレを公言しているか

あなたはダイエットや筋トレを周りに公言していますか?

 

自分がダイエットしていることをどうどうと公言していると、

気をつかって誘ってこないこともあるのかもしれないです。

ですが、結構太っている人が「ガチで痩せます」とか言った場合じゃなければ

自分が筋トレしたりダイエットしていることはみんなに公言しないはず。

(普通は公言しないよね?)

 

不用意に公言すると、筋肉ついてないのに(筋トレ序盤)筋肉キャラみたいになって

ひどいいじられ方をします。

私の周りにも居ます・・・

 

仕方なく参加するけど、食べ飲みしない! わけにもいかないし・・・

そこで、仕方なく参加するひとが多いと思います。

しかしダイエットや筋トレには食事管理や制限が付き物です。

いや、マストです。

特に20歳越えてからは顕著に影響出てきます。(体感)

 

会話を中心に場をやり過ごせばいいんですが

付き合いでお酒を飲んだりしなければならないですよね。

 

さらに言えばコースだったら料理もついてくるし

みんなで別個に食べ飲みしてても、最後は割り勘で割り勘負けしたり

とダイエットや筋トレをしている人にとっていいことはありません。

 

飲み会に行くのはしょうがないけど、何を食べ飲みすればいいのか?

断れないけど、なるべく自分の体に悪影響無く時間を過ごしたいという人は結構多いと思います。

特に飲み会は仕事帰りの夜が多いので、食に気を使っている人には地獄ですよね。

そこでその日の食事をどう過ごせばいいか考えてみました。

 

実は朝食、昼食から勝負は始まっていた

その日は飲み会があると前々から気待っている場合、

我々の勝負は朝から始まっているのです。

朝食を抜くことは健康に悪いので食べますが量を減らします。

 

パン一切れ(炭水化物0ダイエットでなければ)

りんごなどの果物(ガチおすすめ)まるまる1つ

ヨーグルト

納豆

豆腐

野菜

スープ

 

これらを中心に1つ2つを摂取。

めちゃめちゃ量を減らす必要はありません。

普段より少なめ、ヘルシー目で大丈夫です。

お昼ごはんも、同様にします。

お昼は炭水化物抜きでいきましょう。

もちろん血糖値抑えるために野菜から食べます。

 

朝飯、昼飯を抜かないで!

ここで、気をつけてほしいことが1つあります。

朝昼抜いて飲み会でガッツリっていう思考が一人暮らし大学生には働きます

私の周りには沢山そういう連中が居ます。

 

言いたいことは分かるんですが、空腹時にどか食いすると体が吸収してしまう量が増えます。

そのため、ほぼあなたの脂肪となって蓄えられてしまいます。

なるべく朝昼はしっかりとりましょう。(量的な意味ではなく食事の機会をとるという意味)

 

 

飲み会本番については次の記事で書いていきます。

なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。