好きなことで生きていくミニマリスト高城剛の魅力

日本のミニマリストの先駆者であり、私の考える真のノマドワーカーであり、メディアからはハイパーメディアクリエイターと呼ばれ、高城未来ラジオでワクワクさせてくれる高城剛の本を読んでみました。ほんというよりも、彼の生き方・スタイルに触れることができる写真集という感じです。

写真集と言ってもアイドルではないので高城剛がたくさん写っているわけではなく普段使っているお気に入りの日用品や持ち物が写っています。

ちょっと本書きすぎててどれを読んでいいか分からないんですがまずはこの本を読めばいいと思います。写真がたくさんのっていてとっつきやすいです。今回は2014年に出たLIFE PACKINGを読みましたが2016年に出たLIFE PACKING 2.1 を読んでみてもいいと思います。彼の生き方に触れることで得られる人生に対するまだ見ぬワクワク感が必ずあります

無料で聴けるポッドキャスト「高城未来ラジオ」も非常におすすめです。

高城さんについて

モノを集める20世紀からモノを持たない21世紀へ進む高城さんはコチラの動画でなんとなく掴んでいただけると思います。

ミニマリスト(所有物を極限に減らす)という考えについて

私はミニマリストではありません。その上、この記事を書いたミニマリストに憧れたこともありません。しかし今年の秋に海外旅行した際にたくさん服を捨てました。高城さんのラジオを聞いていてなんとなく高城さんの生き方が自分の中に入ってきたからかもしれません。

このように、普通に生きてきた人間でも影響をうけていつの間にかミニマリストになることはありえます。
未だにミニマリストではないですが、高級なイヤホンを4個も5個も持っていても仕方ないなと思い始めてメルカリに出品したり
使っていないSimフリーのスマホやSIMを解約したりと着実に身辺整理をしています。

LIFE PACKINGを読むことで、「え?これだけで生活や旅行ができるのか!」と気付かされますし
単なるミニマリストと違って彼は多種多様な活動をしており著名人でもあります。

潜在意識やエネルギーの活用者と思われる高城剛

別にミニマリストになるわけではないですが、1年以上使っていないものってまずいらないですし机の周りや部屋が汚いと、いろいろと思考に悪影響を及ぼしそうですよね。まだまだ私は研究中ですが潜在意識やエネルギー的にも悪影響がありそうです。

そんなことを考えていると、高城剛は宇宙人であるとかアーユルヴェーダを習得しているとかいう記事を見かけました。確かにhttps://podtail.com/ja/podcast/%E9%AB%98%E5%9F%8E%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%AA/を聞いていても潜在意識や自己実現やエネルギーに関して知識を持っていると感じざるを得ませんでした。

私は根っからの理系として生きてきたので正直この手の話は懐疑的でしたが
2017年には色々な出来事があり、潜在意識と向き合うことになりました。「自己実現」「セルフイメージ」など怪しいマルチで挙げられてそうなワードばかりで、思わずバカにしてしまいそうでしたが実はこの手の話はリアルであると実感することが身の回りで起き始めたのです。

ミニマリストの一例:財布を持たない高城剛

高城剛は財布を持ち歩きません。なんと輪ゴムで紙幣をまとめています。流石にこれは私でもできない。海外旅行中に今度やってみようかな。また、ミニマリストです。

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/5wa2GbU2yFw” frameborder=”0″ allow=”accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture” allowfullscreen></iframe>

私にとっては衝撃でしたが財布の厚みで悩まされていた私にとってなるほど!と思わされました。きっと昔の私だったら「なんだこのイカれた人は!」と思ってしまったことでしょう。まずこの振る舞いを理解できる時点で、私は2017年になって進化したなと感じています。

LIFE PACKINGから面白そうな商品を紹介

エネルギーとかスピリチュアルな話をきっかけに、高城未来ラジオと出会いました。ラジオを聞いていると高城剛の魅力にとりつかれ、彼の本を読みたくなりました。彼の著書の中でもとっつきやすいLIFE PACKINGは、高城剛の考え方に触れながら、海外旅行や海外生活で役に立つ内容が多い本です。

数多くの商品が本の中では紹介されていますが、今回は実際に使ってみた石鹸と使ってみたい2つに絞って紹介してみます。他にも魅力的な商品はたくさんあるのでぜひ読んでみてください。

使ってみた:毛穴撫子の重曹つるつる石鹸

この商品は初めてみました。高城さんが旅行に持っていくそうです。

一言で表すと、自分の気づけていない体臭がみるみる浮き上がってくる魔法の石鹸です。1つ使い切ってみましたが、私の場合は残念ながら大きな効果を感じることができませんでしたが、高城剛以外にも多くの人が声を大にしておすすめしている商品なので試してみてください。使い方が間違っていたのかもしれないのでどなたか報告をお待ちしています。

使ってみたい:ホメオパシーキット

日本ではあまり浸透していないホメオパシーです。私もこの本をよむまで知りませんでしたが体調不良時に高城さんは使うそうです。

ホメオパシージャパンレメディー かんじんかなめセット
created by Rinker

不安を感じたり体調が悪いなというときに1粒服用することで乗り切ったりするそうです。いつか試さなければと思いながらまだ試せていません。(薬ではありません)

使ってみたい:血を定期的に自分で抜く

体内の血液を定期的に抜くことが身体に良いことは結構知られていると思います。私も本当は献血に行きたいですが、すぐ貧血状態になって目眩がするタイプなので貧血が苦手です。

コチラの商品はほぼ無痛で血を抜くことができる製品になっています。血糖値を自分で測る人向けの製品なのでもちろん使用に問題はありません。なんたって日本が誇るテルモですし。

まとめ

ちなみに本の後半になっていくと玄米とか炊飯器とか「マジかよこんなん持ち歩くんかい・・・」となるものが増えてきます。でも、ただ物が少ないだけのミニマリストの本を見るより絶対に面白いです。そこにはものの考え方、哲学があり高城剛がアイテムに関する考えや使い方を書いているので生き方の参考になります。自分の持ち物について、今一度考えさせられます。私は特に財布について考えさせられました。

高城剛について興味のない人がいきなりこの本を読んで得ることは無いと思います。しかし彼の動画やコラムなどで興味を持った人や、本当のノマドワーカー、旅しながら生きることに関心のある人、そして最近流行りの”好きなことで生きていきたい人”には本当に彼の作品に触れてほしいです。高城さんはいつの間にか私が憧れる人の1人になってしまいました。

彼の著書、白本に書かれている、変化の時代についていくにはまず世界の中での自分の立ち位置を知らなければならないというところにすごく共感しました。これからは本当に個の時代が来ますし、あり得ないくらいの変化が起きることでしょう。そのときにどう生きるか、何を考えるか、何を成し遂げるかはあなたのアイデンティティを確立するために必要です。むしろそういうことがでない人間は社会にとって不要になるのではと思います。

高城剛 白本
created by Rinker
なぜ忙しい理系院生が遊び続けられたのか
大学生活を部活と遊びで過ごした私が、時間に縛られずにバイトもしないでお金を稼ぎ続けて友達と遊べたり楽器を買えた理由はFXだったんです。 商材を買いまくってた私が最後に選んだ最強の商材はぷーさんの商材でした。初心者でも分かりやすく0から学べて商材の中でも最安クラスの1万円であなたの思考が変わり人生が変わることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

人より効率よく人生をクリアしていきたい男。 大学へ逆転入学した現役国立大学院生。 教員免状を持ち家庭教師など指導する仕事を経験。 就活でも仲間と戦略を練って効率よく内定。 FXやアフィリエイトやリストマーケティングなどで効率よく稼ぐ。